Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

おはようございます。

本日もビジネスが好転する内容を記します。

いつぞやの夕ご飯……

~ホテルモントレ 隨縁亭にて~

八寸の中に、秋が敷き詰められていました。

美味しい!を感じられることが幸せです。

本日のテーマ
「和室での所作について」


年末年始はそんな機会が多くなりますから
和室で気をつけたいことを記します。

【1】上座を意識する

床の間に近い席

床の間がない場合は出入り口から一番遠い席が上座

訪問者は上座に案内されることが多いが、関係性により配慮して着席する



【2】敷居や畳の縁を極力踏まない

敷居や畳の縁を踏むことで、家の傷みにつながる


【3】座布団を踏まない

座布団は一般的に長方形、奥行が短い方が正面

または、三方を縫い合わせた座布団(カバー)の輪が正面

しめ糸の房がある方が表

訪問者は勝手に座布団を動かさない


【4】あいさつは座礼で行う

客間に通されたら、座布団に座らず畳に座り挨拶をする

立ったまま見下ろした挨拶は避ける

これは宴会でも同様。
 
立ち上がって挨拶するときは「立ち上がったまま失礼いたします」とお詫びします。
 

和室でも素敵なオトナとして振る舞えるようにしたいですね。

今朝もにっこりスタートしましょう。

また明日も更新いたします。