Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

短冊のしについて

おはようございます。

本日もビジネスが好転する内容を記します。

昨日は温かな月曜日でした。

いつも思うのですが、温かい日こそ

スタットレスタイヤに換えれば、苦労しなにのに……

急げ!冬支度です。

冬支度の一つは御歳暮選び

私は例年、物や花を選ぶことが多いのですが

今年は大切な方にカレンダーを贈るつもりです。

 
 
 
 
 
 
 
画家ウエノイチロー氏の作品
「100年使えるカレンダー」は弊社にてお求めいただけます。
御歳暮にもお勧めです。
 
本日のテーマ

『短冊のしについて』

一昔前までは

包装紙の中に掛ける「内熨斗(うちのし)」

包装紙の外に掛ける「外熨斗(そとのし)」だけを選ぶことが一般的でした。

「内のし」は厳かで控えめな場合に適します。

例えば、病気見舞いなどです。

「外のし」は華やかで関西地方や東北で好まれます。

例えば、結婚お祝いなど一目で喜びを伝える際に適します。

また、仏壇に頂きものをお供えする風習がある場合も「外のし」が良いです。

それとは別に最近は

簡易包装が見直され「短冊のし」が登場しています。

「短冊のし」は短冊の形をした熨斗(のし)紙を略式したタイプです。

お中元、お歳暮、お年賀、内祝いなど略式でもかまわない場合に用いります。

環境問題を配慮し、積極的に使いたい「短冊のし」

みなさんも是非ご利用ください!

 

今朝もにっこりスタートしましょう。

また明日も更新いたします。