Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

面接編 高校生の就職活動2

みなさん おはようございます。
デイリーマナー教室 小藤 弓(こふじ ゆみ)です。

本日もマナーに関する情報を
杜の都 仙台より更新いたします。


昨日に続き、高校生向けの就職活動について記します。

 

息子も高校生になりました。

 

同世代の方を見ると勝手に母心が芽生え

 

何とか第一希望の職場から内定して欲しいと力が入ります。

 

ここ数年、高校へお邪魔すると思うのですが

 

まじめな生徒さんが多い!挨拶もしっかりでき、真剣に話しを聴けます。

 


本日のテーマ
『面接編 マイナスはプラスでカバー』


「マイナスな言葉」を口にする場合は

「マイナスな言葉」に続けて「プラスの言葉」を発すると柔らかな印象が残ります。

例えば……

×「映画は嫌いです。」

○「映画はあまり見ないのですが、音楽は大好きです。」


×「明日は無理です。」

○「明日は難しいのですが、明後日は朝から行くことができます。」

いかがですか?

人は後半に聞いた言葉の方が、記憶に残りやすいのです。

ネガティブな言葉を前に、ポジティブな言葉を後ろに置くことで、マイナスなイメージを与えづらくなります。


それでは、面接シーンに置き換えて考えてみましょう。

「あなたは友達が多い方ですか?」


×「インドア派で、友達は少ないです。」

○「友達は多くはありませんが、人とじっくりつき合うタイプなので、その分強い信頼関係を結ぶことができると思います」


「本を読みますか?」

×「マンガを読みますが、本は読みません。」

○「マンガは読みますが、本はあまり読んでいません。これから卒業までに、○○関係の書籍は読みたいと考えています。」


同じことを言うにしても、伝わり方がこれだけ違います。

何かを聞かれた際、プラスの言葉で伝える言い方にできないだろうか?と

常に意識することが大切です。


今朝もいい日
明日もいい日

 

 

 

{EB3FF3C5-9009-4561-8ABA-1DF48169947B}

 

 

 

◆デイリーマナー教室<仙台>小藤 弓◆


お気軽にお問い合わせください
仙台を中心に宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉の研修や講演を承ります。内容はビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・食事マナー・パーソナルカラー診断・イメージアップ講座・女性力アップ講座などご要望に応じたカリキュラムをご用意いたします。