Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

何処の席を案内するのか?

こんばんは!

本日もビジネスが好転する内容をマナー目線で記します。

 

先日、仙台市内で前々から気になっていた洒落た居酒屋へ

秋田出身のお客様と一緒に秋田郷土料理の店へ行ったのです。

予約の電話を6時にしました。

「初めてお店に伺います。7時に予約できますか?」と。

中に入ると広い店内でゆったりしたテーブルが3ヶ所空いているにも関わらず

通されたのは

出入り口に一番近い

こじんまりした小さな4人掛けのテーブルでした。

私たちが席を立つ9時まで

お客様はポツリ、ポツリ入りましたが

それは、カウンターだけ。

つまり、ゆったりしたテーブルには誰も通されなかったのです。

予約のため、空けていたとも思えませんでした。

 

ココが勿体無いところ!

お料理も大変美味しく

店内の内装も秋田杉?に拘った素敵な空間です。

秋田出身の社長も故郷を懐かしみ大喜び

沢山のお料理を注文しました。

それなのに…… 小さなテーブル(笑)

 

欲を出してはいけないのです。

「もう少し後で、大人数のお客様が入るかも?」

「常連さんが寄ってくれるかも?」

そんなことより

今いる目の前のお客様

しかも初来店のお客様を大切にしなければ

リピートなんてしませんよ。

 

万が一、大人数のお客様が入れば

先客に移動をお願いしても良いのです。

または

出入り口に一番近い席を案内するときに

「奥の席は、先約のお客様が入っており

こちらで申し訳ございません」そんな一言を添えたら良いのです。

それを気づかないなんて残念だなぁと思いました。

 

また来週も更新します。

今夜も温かくしてお休みください!