Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

バックの置き場について



みなさん おはようございます。


クオリティアップアローズ 小藤 弓(こふじ ゆみ)です。

本日もマナーに関する情報を
杜の都 仙台より更新いたします。

 

 

 

 

昨日は朝7時台に出勤、途中は打ち合わせがあり外出

 

 

 

 

夜の7時台に戻りつつ

 

事務シゴトを済ませました。

 

世間は三連休の中日だったため、何処へ行っても大賑わいでしたね〜

 

 

 

本日のテーマ

『バックの置き場について』

 

食事に行ったとき、バックをどこに置きますか?

 

最近は「バック置き」としてカゴが用意されている所も多くなりました。

 

しかし……カゴなければ?どうしますか。

 

◆和室の場合

 

テーブルの下が一番安心です。

 

座った場所の両脇や後ろには置きません。

 

なぜなら、お店側のサービスの邪魔になるからです。

 

◆テーブル席の場合

 

改まったお店では、背もたれに掛けることはNG

 

万が一、重みで椅子が倒れたら大変です。

 

カゴをお借りすることができなければ

 

足元(椅子の下)へ置くしかありません。

 

例えば、4人テーブルに2人で座っているなら

 

空いている椅子に置くことも可能になります。

 

※ホテルのレストランやパーティーなどでは

両手サイズより大きなバックは預けて入店し

両手サイズのバックは背もたれに置く

 

 

時には、どんなお店に行くのか?予測してバックを選ぶ必要もあります。

 

地べたに置くことになりそうならば、鋲のあるバック

 

そもそも大きなバックは持っていかないなど……配慮すると困りませんね。

 

 

 

今朝も

ご縁と佳き日に感謝します。

 

 

 

クオリティアップアローズ株式会社  小藤 弓

 


お気軽にお問い合わせください
仙台を中心に宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉の研修や講演を承ります。内容はビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・食事マナー・パーソナルカラー診断・イメージアップ講座・女性力アップ講座などご要望に応じたカリキュラムをご用意いたします。