Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

喪中はがきについて

おはようございます。

本日もビジネスが好転する内容を記します。

 

まだ先の話し…… ではありません。

年賀状の準備はお考えでしたか?

弊社では年賀状に間に合うように、名刺データの整理、宛名シール作成などを行っております。

また月末までに

画家ウエノ イチロー先生の年賀状を発売いたいます。

詳細は決まり次第 こちらのHP 「お知らせ」 のコーナーにアップしますね。

 


本日のテーマ
『喪中はがきについて』


11月中旬から遅くても12月初旬までに投函しましょう。

なぜなら先様が年賀状を準備する前に

知らせるよう配慮するからです。


昔の風習では、二親等までは喪中ハガキ(欠礼)を出すと言われていました。

※ 二親等 → 兄弟姉妹、祖父母、孫

※ 一親等 → 父親・母親・自分の子

現代は、二親等で喪中ハガキ(欠礼)を出さない場合も多くなっています。


またビジネスとプライベートを分けて考える方もいらっしゃいます。

故人と喪中ハガキを受け取る相手の関係性

前年までの年賀状のやり取り

故人と同居していたか否かなどを考慮してみましょう。


決められたルールはありません。

一親等では喪中ハガキは必要

それ以外は臨機応変に考える昨今です。

 

今朝もにっこりスタートしましょう!

また明日も更新いたします。