Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

「伺う」の使い方

みなさん おはようございます。
デイリーマナー教室 小藤 弓(こふじ ゆみ)です。

本日もマナーに関する情報を
杜の都 仙台より更新いたします。


昨日は飲食店に勤務される方を中心としたリーダー研修を担当いたしました。

ペアワークやグループワークを多く取り入れたため、あっと言うまの7時間

いくら時間があっても足りないくらいです(^-^;

{A48A4520-8F67-4EFC-8A20-4F36E48F4DF4}


その中でもお伝えした事柄から、本日のテーマに選びます。


本日のテーマ
『「伺う」の使い方』


「伺う」は、広い意味で使われる

「聞く」「訪問する(行く)」「尋ねる」の謙譲語

つまり、へりくだった言い方です。

△ 「お名前をお伺いできますか?」

○「お名前を伺えますか?」

→「伺う」で謙譲語になっているため、「お」は不要


○ 「課長、伺いたいことがあるのですが…」

× 「課長、伺わせていただきたいのですが…」

→「伺う」は謙譲語のため、「いただきたい」を付けると過剰になる。


○ 「その件は担当者より、お聞きになってください」

× 「その件は担当者より、伺ってください」

→「伺う」は謙譲語のため、相手の行動には使わない。

聞くの尊敬語は「お聞きになる」



○ 「お客様、上司に確認してからお返事いたします」

× 「お客様、上司に伺ってからお返事いたします」

→この場合“伺う”を使うと、お客様より上司をたてた言い方になる。


よく耳にする言葉だけに、注意したいですね。

今朝もいい日
明日もいい日






◆デイリーマナー教室<仙台>小藤 弓◆

□お問合せ・ご予約 (メール受付 24時間OK)
□022-797-3379 (電話受付 10:00~18:00)


お気軽にお問い合わせください
仙台を中心に宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉の研修や講演を承ります。内容はビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・食事マナー・パーソナルカラー診断・イメージアップ講座・女性力アップ講座などご要望に応じたカリキュラムをご用意いたします。