Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

クッション言葉とは?

みなさん おはようございます。
デイリーマナー教室 小藤 弓(こふじ ゆみ)です。

本日もマナーに関する情報を
杜の都 仙台より更新いたします。


先日、行列ができるある飲食店へ行きました。

{3CC3C403-0289-4D4F-B81E-2BE03E3AB622}


そのお店はある商品に特化している「○○専門店」です。

私は、混雑していない天気の悪い平日の昼過ぎに入店

店内に入り、空席が見えました。

見えましたが、予約席かもしれません。

私「こんにちは」

店のスタッフ「無言」

私「満席ですか?」

店のスタッフ「あっお待ちください」

私「はい……」

いらっしゃいませの言葉は聞こえませんでし

終始、感じの良い接客ではありません。

行列の訳は、専門店で珍しいことと美味しさからでしょう。

その後、友人と話しました。

「いくら美味しくても、愛想が悪い店には行きたくない。

少々美味しくなくても、感じが良い店に行くよね。」と

私も二度と行くことはないかな。

welcomeではないお店には‥‥


本日のテーマ
『クッション言葉とは?』


相手の気持ちを察して、事態を和らげる言葉、それがクッション言葉です。

そのため、クッション言葉に決まりはありません。

相手・場所・状況・時間などを配慮し、言葉を選びます。


例えば、上記の店では

「お暑い中、ありがとうございます。」

「恐れ入りますが、少々お待ちください。」など


◆雨の日にご来店されたお客様へ

「お足元の悪い中、ありがとうございます。」


◆書類にサインを頂戴する際

「ご面倒をお掛けいたしますが、こちらにご署名をお願いいたします。」


◆順番待ちのお客様へ

「大変お待たせしております。只今伺います。」


◆電話では処理ができず、来店を促すとき

「お手数をお掛けいたしますが、ご来店をお願いできますでしょうか。」


◆AさんとBさんが話しをしている際に割り込むとき

「お話中、失礼いたしますが」


ビジネスに限らずプライベートにおいても

クッション言葉を上手に使える人は、それだけでも好感度がアップします。


対人マナーの魔法とも言える言葉

ぜひ、お試しくださいね!


今朝もいい日
明日もいい日






◆デイリーマナー教室<仙台>小藤 弓◆



□お問合せ・ご予約 (メール受付 24時間OK)
□022-797-3379 (電話受付 10:00~18:00)


お気軽にお問い合わせください
仙台を中心に宮城・山形・福島・岩手・秋田・青森・栃木・茨城・埼玉・東京・千葉の研修や講演を承ります。内容はビジネスマナー・冠婚葬祭マナー・食事マナー・パーソナルカラー診断・イメージアップ講座・女性力アップ講座などご要望に応じたカリキュラムをご用意いたします。