Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

マニュアルの怖いところ

こんにちは!

本年最後の更新になります。

仙台は雪がちらつく寒い年末になりました。

午後に打ち合わせが入っており

とても良い商談で結ぶことができ、ほっとしております。

 

このところSNSで見かける

マニュアル通りの対応について本日は記します。

本日のテーマ

『マニュアルの怖いところ』

Iさんから聞いた話しです。

あるドコモショップに行き

いきなり「何のご用件ですか?」と言われたそうです。

まずは「いらっしゃいませ」とか「こんにちは」とかでしょ……

と、呆れていました。

 

携帯電話屋へ行くのは

用事があるから。

つまり、ドコモショップで大根を買うことは考えられないので

この場合は

「いらっしゃいませ。混み合っておりますので、宜しければご用件を承ります。」

「こんにちは。本日は順番にご案内いたしますので、ご用件を先に伺えますか?」

など……

相手の様子を伺いながら

相応しい言い方を考えれば、10通りも20通りもあるはずです。

 

マニュアルはあくまでも、指針みたいなもの。

絶対的ではなく、臨機応変なものでなければなりません。

特に相手があってのことですから。

Aさんも、Bさんも、Cさんにも

同じ言葉がけが良いとは限りません。

 

マニュアルを作成したら安心ではないことを

携わる人が理解していなければ

マニュアルを運用すること自体、無意味になってしまいますよ。

 

本年もブログ&コラムをご覧くださり、有り難うございした。

また新しい年に更新します。

佳き年をお迎えくださいませ~