Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

こんばんは!

本日もビジネスが好転する内容を記します。

弊社にて親し方々とクリスマスパーティーを行いました。

光のページェントを見ながら乾杯したシャンパンは美味しさが増します。

今年の年末は大人しく過ごすつもりです。

もう少し宴会はありますが……

 

本日のテーマ

『お年玉の考え方』

お年玉は、新年の祝いの贈り物です。

その昔はお金ではなく、お餅を若い者に分け与えたと言われています。

現代は金額の目安、子どもの年齢に決まりはありません。

関係の深さや、地域性を配慮するのが一番です。

家庭のルール決めをしておくのもお勧め

5歳までは○円

6年生までは○円

中学生は○円

高校生は○円 など

そして渡した金額を覚えておくこと。

 

逆にお年玉をいただいた場合も、金額を覚えておくことが大切です。

そこで私が利用しているのは

{2C1EDE75-BC4A-45B9-85CF-43EB4498F549}

~ おつきあい帳 ~

記憶するには限界がありますよね……

これに記しておけば、振り返りに便利です。

お年玉は双方でやりとりすることも多いため

同額相当を意識すると間違いがありません。

 

また今週中に両替し、新札とぽち袋を用意します。

新札は気持ちがいいも

例えば2,000円 を二千円札で渡したら

滅多にお目にかからないためお子さんも喜びますよ。

 

お年玉を受け取った子どもが直接

贈り主に挨拶(感謝の言葉)することも重要です。

 

また更新しますね。

今夜も温かくしてお休みください!