Quality up Allows

クオリティアップアローズ
株式会社

お電話でのお問い合わせは
受付時間 平日 9:00~18:00 TEL:022-797-3379

コラム

年賀状の書き方

おはようございます。

本日もビジネスが好転する内容を記します。

いよいよ今週 15(木)~25(日)

画家ウエノ イチロー氏 チャリティー展を弊社にて開催いたいます。

7月の西日本豪雨で被災した倉敷市真備町の老人福祉施設へ

寄付をするために企画しております。

一人でも多くの方にウエノ イチロー氏の絵画をご高覧いただき

ご協力いただけますと幸いです。

 

本日のテーマ

『年賀状の書き方』

年通り11月1日 年賀状が発売になりました。

年々発売枚数が減少しているようですが

年の瀬の挨拶は

大切な風習ですから無くしたくないな…と私は考えています。

しかも来年5月には元号が改まるため

平成最後の年賀状となります。

それらも考慮され、お年玉くじの商品もグレードアップしているようですよ。

1等は現金30万円または同額相当のプレミアム商品だとか……

SNSやメールが普及しているからこそ

年始のご挨拶だけでも改めて年賀状を活用したいですね。


年賀状を書く際の注意点は2つあります。

【1】よく見かける誤り

「新年あけましておめでとうございます」はNG

「新年」 = 「あけまして」は同じ意味

そのため「新年おめでとうございます」か

「あけましておめでとうございます」と記す。

 

【2】間違いやすい日時

「2019年1月1日 元旦」は×

「元旦」 = 「1月1日」は重複します。

ですから平成31年1月1日にするか

平成31年元旦にするかどちらかです。

ちなみに……

元日は一年の最初 1月1日のこと

元旦は元日の朝を指します。

年賀状は一般的に1月1日の朝に届けることから

平成31年元旦が望ましです。

 

今朝もにこっりスタートしましょう。

また明日更新いたします。